スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ旅行 11 ヴェルサイユ宮殿

  パリ観光の最終日は「ヴェルサイユ宮殿観光」と決めた。各国でいろいろな宮殿を見たが、その都度「ヴェルサイユ宮殿と比べると・・・・」と説明のある「ヴェルサイユ宮殿」を見ておかなくてはいけないと決めた。 メトロとバスを乗り継いで、パリ郊外の「ヴェルサイユ宮殿」(写真)に着く。

ヴェル全景

1 ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿の美しい門(写真)から入場。

ヴェル門

 宮殿前広場には長い行列ができていたので、ここでも最後尾に並ぶ。 1時間近く並んで、ようやく入口に到着。 ようやくヴェルサイユ宮殿(写真)の内部に入場。

ヴェル宮殿

 大きな絵画(写真)で飾られたいくつかの部屋を通過。1662年にこの宮殿を完成させた太陽王、ルイ14世の肖像画がある筈であるが、説明者がいないのでよく分らない。 

ヴェル絵画

2階に上ると有名な「鏡の回廊」(写真)があり、当時極めて高価だった大型の鏡が17枚も使用されたのが、回廊の名前の由来。ガイドブックでは、世界でもっとも有名な宮殿がヴェルサイユであり、もっとも有名な回廊が「鏡の回廊」となっている。今では鏡はさほど目立たないが、美しい天井画と、天井から吊るされたシャンデリアで飾られた回廊は確かに美しい。この回廊は、儀式や外国の賓客の謁見のために使われた。

ヴェル鏡の間

 「鏡の回廊」に続く「マリー・アントワネットの間」があり、最後の王妃・マリー・アントワネットの家族を描いた絵(写真)が気に入った。

パリアントワネット102

 次いで「ナポレオンの間」に入る。ルーブル美術館で観た「ナポレオンの戴冠」の絵画(写真)が飾られている。何故同じ絵画が、ルーブルとヴェルサイユにあるのか不思議だった。 帰国後インターネットで調べると、ルーブルの絵は、画家ダヴィッドがナポレオンに差し上げた絵である。一方ダヴィッドは同じ絵を自分のために描き、所有していた。そのダヴィッド所有の絵が、ヴェルサイユ宮殿のナポレオンの間に飾られているのだった。左から二人目の女性の服装が、ルーブルでは白であるが、ヴェルサイユでは赤の違いがあり、その女性はダヴィッドの恋人であったという。
 
ヴェル戴冠式

 午後はヴェルサイユ宮殿の庭園を観光。 20分くらいプチトランに乗って、庭園最奥の「グラン・トリアノン」(写真)に到着。ここはルイ14世が愛人のマントノン夫人と過ごすために建てた離宮である。

ヴェルトリアノン

 プチトランが「大運河」(写真)に着いたので、下車。ここから宮殿まで歩くことにした。宮殿の2階から眺めると、噴水のある庭園の遥か1 km先に見える湖が、この大運河である。幅が100 mもある運河が、この奥に1 kmも伸びているのだから、ヴェルサイユ宮殿のスケールは信じられないくらい大きい。宮殿の敷地は、縦3 km、横3 kmもあり「庭園の見学には半日は必要」とガイドブックに記載されていた。
ヴェル大運河

 庭園の中央に現れたのが「太陽神アポロンの噴水」(写真) 等身大くらいの沢山の馬が躍動しているのは、アポロンが天馬に引かれて海中から姿を現した像である。残念なのは噴水がお休みであったこと。 
ヴェル噴水

 「ラトナの噴水」から大運河を見渡した風景(写真)が雄大。ルイ14世の時代には、庶民に庭園を解放していたという。この豪華な宮殿と庭園を見て、庶民はよろこんだのだろうか? それともこの豪華な宮殿のために高い税金を課されていることに怒っていたのかも・・・・・・

ヴェル庭園全景

 ヴェルサイユ宮殿は、スケールの大きさでは世界一の宮殿(写真)であるのは認める。但し宮殿だけの比較をすると、ウィーンのシェーンブルン宮殿の方が、私は好きだ。シェーンブルン宮殿の「大ギャラリー」はヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」に匹敵するし、シェーンブルン宮殿の「中国の間」「鏡の間」「磁器の間」「マリー・アントワネットの間」などバラィエティーに富んだ部屋は、ヴェルサイユ宮殿よりも興味深かった。 マリー・アントワネットはシェーンブルン宮殿で生まれ育ち、その後ヴェルサイユ宮殿で生きて、死を迎えるとは、なんと波乱にとんだ人生だったことだろう。

ヴェル後全景

 これでパリ観光が終わる。 初めての個人旅行であったが、パリの良さを満喫できたので満足。次は「秋のパリ」と「夜のパリ」を楽しんでみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Travel in Armchair!

出かけた気になっちゃいます。「カテゴリ」を入れていただいたおかげで、頭の中の地図がハッキリしてきました。ありがとうございました。
プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。