スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭山丘陵寺社めぐり 52 加藤神社  (瑞穂町箱根ヶ崎)

狭山丘陵寺社めぐり 52 加藤神社

 JR箱根ヶ崎駅から、国道旧16号線を南に100 m歩くと「加藤神社」の鳥居(写真)が見える。

加藤神社鳥居

 鳥居のすぐ後ろに、小さな社殿(写真)が建っている。

加藤神社社殿

 社殿の内部には、小さな祠(写真)が安置されている。

加藤神社内部

 加藤神社の祭神は、甲州武田家の上野原城主・加藤丹後守景忠。織田信長が武田晴信を征伐し、武田家滅亡の際、上野原から落ち延びた加藤一族が、天正十年四月十一日この地で討ち死。村人がその地に小祠を営んで、丹後守を祀ったのが神社の発祥であるという。 丹後一族が生きのびるのを諦めて自刃した説と、落人狩りで村人に殺害された説があるらしい。前説であれば、村人が哀れと思い丹後守を祀ったのであろう。もし後説であれば、たたりを恐れて丹後守を祀ったことが考えられる。いずれにせよ、裕福であったとは思えない村人が「神社を造ろう」とするくらい、衝撃的な大事件がこの地で起こっていたことが推定される。 落ち武者を祀った寺社は珍しく、関東地方には唯一と言ってよいほどのユニークな神社が、この「加藤神社」なのである。

 社殿の裏には「加藤塚」(写真)が建ち、加藤一族の怨念が偲ばれる。 一族の中でも生き残った人々の子孫が、神社や塚を訪れることがあるという。

加藤神社塚


ブロ友様のコメントを追記する。
「武蔵名勝図会には、加藤神社の最初の形と思われる塚が描かれています。大きな欅の木の下に小さな祠と五輪塔があります。
 ここから、様々な加藤伝承が語り継がれますが、昭和9年、多摩史談会が見学したときの記録が瑞穂町史に掲載されていて、欅、五輪塔は天正頃のものであろうとしています。
 紹介された画像の中で、その五輪塔が形を乱し始めていて?とても残念です」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

加藤一族

昨年の1月、甲州街道の鶴川宿から上鳥沢宿まで歩いた時に、長峰砦跡を訪れました。長峰砦は上野原の加藤丹後守の本拠地だったとのことでした。この加藤一族ですね。Junpei

加藤塚

 武藏名勝図会には、加藤神社の最初の形と思われる塚が描かれています。大きな欅の木の下に小さな祠と五輪塔があります。

 ここから、様々な加藤伝承が語り継がれますが、昭和9年、多摩史談会が見学したときの記録が瑞穂町史に掲載されていて、欅、五輪塔は天正頃のものであろうとしています。

 紹介された画像の中で、その五輪塔が形を乱し始めていて、とても残念です。野火止用水
プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。