スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭山丘陵寺社めぐり 41 福正寺  (瑞穂町殿ヶ谷)

狭山丘陵寺社めぐり 41 福正寺

 青梅街道の都バス「石畑バス停」から狭山丘陵に向って上って行くと、瑞穂町の名刹「福正寺」がある。 地図で示すと「狭山観音霊場図」(写真)の赤丸が、「正福寺観音堂」である。

福正寺霊場図105

福正寺参拝は今回が三度目となる。 境内の入口を示す二つの白い石柱の右に「臨済宗建長寺派 金龍山福正禅寺」の石柱と「狭山観音霊場 第二十五番 福正禅寺 本尊 聖観音」の説明板と「馬頭観音像」が立ち並んでいる。(写真)

福正寺入口

 石柱の左に説明板があり「天照林和尚(天台宗の僧)の開基にして、文保二年三月(1318)臨済宗として通翁鏡円禅師を勧請し、開山とした。 (中略、通翁鏡円禅師が宮殿内の宗論で勝利) 以来十六菊花紋を寺紋として、法灯連続二十八世の今日に至る。尚昔日当山に五塔頭有りと愚弁録にある。その間・八世雲峰和尚正眼寺を開く・九世梅室和尚円福寺を開く・十三世月叟和尚三百五十遠年諱厳修(中興開山なり)・十四世東林和尚砂川流泉寺を開く・二十二世法谷和尚五百年大遠諱厳修(1823)全国より法縁の和尚禅士参加記録法堂にあり。・二十七世現住昭和四十一年六百五十年遠年諱権修。その折如来相設置する。昭和五十八年五重塔、十六大阿羅漢建立、昭和五十九年鎮守大財天再興、金龍瀑築庭、平成二年開山堂再興、平成十年三解脱門・平成十三年邦寧観音建立。」と書かれている。
 開山された文保二年は鎌倉時代の末期であり、「福正寺」は武蔵村山市の「真福寺」に匹敵する古刹となる。八世開基の「正眼寺」は、今はなくなったとのこと。 九世開基の「円福寺」は、瑞穂町、箱根ヶ崎の大寺「円福寺」で、これから訪問の予定。 諱厳修とは、創建何百年かの大法要のことと思われる。 十四世開基の砂川流泉寺は、砂川新田開発時に建立されたお寺で、新田開発のリーダー・村野氏(砂川氏)のお墓がある。
 説明板の横に「福正寺、建物配置図」(写真)があるので、参拝の参考になる。

福正寺略図

 福正寺の境内に入ると、やや小振りな「総門」(写真)が建ち、説明板に「天明十一年(1791)村野五郎右エ門が寄進」と書いてある。砂川新田開発を推進した村野家が寄進した総門。新田開発から130年以上経っているので、五郎右エ門氏は村野家の何代目かの当主かと思われる。村野家の菩提寺(檀那寺)は、ここ福正寺であるのに、砂川新田開発のリーダー・村野三右衛門の墓が砂川流泉寺にあるのかは不明。村野三右衛門が自ら開発した砂川新田の地に愛着があったのだろうか?
福正寺総門

 総門をくぐると、石段の上に壮大な「三門」(写真)が建っている。この三門が説明板に記載されている「平成十年三解脱門建立」の「三解脱門」であるようだ。「三解脱門」は「三つの煩悩である欲望、怒り、愚かさから抜け出す門」の意味。

福正寺三門

 「三門」をくぐると、その横に「鐘楼」(写真)が建っている。福正寺に問い合わせると、鐘楼は明治時代の建立であるとのこと。
福正寺鐘楼

 「三門」の前には大きな「法堂」(写真)が建っている。法堂は江戸時代に建立され、通常の寺院では「本堂」にあたる。 説明板の通り、福正寺は禅宗の栄西が開いた臨済宗・建長寺派の寺院である。建長寺は鎌倉五山の第一位で、臨済宗・建長寺派の大本山。 寺社めぐりでは「35報、禅昌寺」に次ぐ臨済宗・建長寺派の寺院である。また福正寺は、立川市の建長寺派寺院・普凊寺の末寺でもあるという。 法堂内には十六菊花紋打敷三片などの寺宝の存在が、最初の説明板に書かれていた。菊花の寺紋を許されたことは、すごく格式の高い寺院の証である。 法堂の左前に立っているのは、瑞穂町天然記念物「たらようの木」である。「たらようの木」とは「古来インドをはじめ南方諸国において、針をもって文章を刻するに適しているので、経文等書写に使用した木」のこと。 更に、法堂の左斜面には「十六羅漢像」が立ち並んでいる。

福正寺法堂

 左の坂道を上っていくと、優美な姿の「狭山観音霊場第25番 観音堂」(写真)が建っている。説明板には「奥の一間は板敷で、手前中央に来迎柱があり、その柱間に仏壇を設け本尊の観音坐像を安置し、背後の中央間は板戸、他はみな板敷である。周囲には勾欄付の濡縁をめぐらす。建築細部の手法は唐様を主とし、少しく和様を混えている。 吹放の間の鏡天井には淡彩の竜の図、畳敷の間の格天井には彩色の花卉鳥獣等の絵がありともに入間市宮寺の人、吉川緑峰(1808~84)の筆である」と書かれている。 江戸時代に建立された観音堂は、有名な「山口観音堂」(狭山観音霊場第一番)に並ぶ、由緒ある観音堂であるとのこと。 

福正寺観音堂

観音堂に立つと、横田基地、草花丘陵、奥多摩の山並みが見渡せ(写真)、狭山観音めぐりの信者たちの目を慰めたことであろう。
福正寺風景

 観音堂の近くに、昭和五十八年に建立された赤い「ミニチュアの五重塔」(写真)が建っている。「昔日当山に五塔頭有りと愚弁録にある」とされた五重塔を再現したものであろうが、強烈な色彩はこの古刹にはあまり相応しくないように思える。

福正寺五重塔

 近くに建つのが「昭和五十九年鎮守大財天再興」と説明された「弁財天堂」(写真) 福正寺の寺院や墓地を守る神様が、七福神で唯一の女神・弁財天である。弁財天は水の神様。隣の武蔵村山市の大寺「長円寺」の守護神が同じ弁財天なので、狭山丘陵の湧水信仰に関連するのではないかと思った。

福正寺弁財天

 観音堂の横からは広大な墓地が広がっている。 墓地の手前の方に「村山土佐守の墓」(写真)がある。「村山土佐守」は、いつも引用させていただいているブロ友様の資料には「村山土佐守が、天正十五年(1587)の福正寺観音堂再建に貢献したという資料がある。その他の資料から、村山土佐守は天正年間にこの地で没したものと推定される。村山土佐守という人物が、戦国期におけるこの地の有力者であったことは確かであろう」と書かれている。 村山土佐守を、中世前期の武蔵七党の「村山党」と結びつける説もあるが、確証ある史料はないとのこと。

福正寺土佐墓

 墓地の最奥には「邦寧(やすらぎ)観音像」(写真)が建っている。国分寺市の久保田氏が23歳の若さで事故死したのを祀ったと書かれている。
福正寺23観音

 法堂の後ろには平成二年に建立された「開山堂」(写真)が建ち、福正寺を開山した「普照大光国師」が祀られている。

福正寺開山堂
 
 「福正寺」には村山土佐守墓所を除くと歴史的な遺物は少ないが、規模は狭山丘陵でも有数の大寺であった。「殿ヶ谷」という地名から、歴史的に有名な村山党の根拠地であってもおかしくない寺院で、近くには堀の跡があるとのこと。村山党の歴史解明が待たれる。

 
 

 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

村山氏の殿谷ャ

 これからも将来も、このお寺は注目が続きそうです。寺全体の構えを見れば、中世の館を思わせるし、伝承もそのことを語ります。
 その中で、村山一族の墓所を、寺が、初期村山氏と区別して「村山土佐守」と表示をして下さったことは、狭山丘陵全体の山口氏と村山氏を考える上で区別ができてホッとします。
 いよいよ円福寺ですね。楽しみです。
  野火止用水

「分類」のご説明をするんでしたね。

「分類」を活用したら というお話をしたままになっていました。
次回、ご相談しましょう!
「古寺巡礼 関東編」「・・・東北編」・・・・とか、「海外旅行 ヨーロッパ編」・・・とか?
プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。