スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ旅行 8 アクロポリス

ギリシャ旅行の最終日は、アテネ市内観光。 朝、アテネの外港、ピレウス港で、クルーズ船から下り、バスでアテネ市内に向う。

1 アクロポリス遺跡

ギリシャ最後の観光となる「アクロポリス遺跡」に着く。アクロポリスとは「高い丘の上の都市」を意味する。 緩やかな坂道を登ると「イロド・アティコス音楽堂」(写真)に着く。紀元161年に建てられ、舞台裏の建物が残るステージでは、コンサートやギリシャ古典劇が演じられているという。とても音響効果がよく、小沢征爾がタクトを振るい、蜷川幸雄の演出の催しもあったという。

アテネ劇場

次いで「ブーレの門」を潜って、神殿への参道を登る。坂の途中には紀元前424年に建てられた「アテナ・ニケ神殿」を通過。ニケは勝利を意味し「勝利の女神神殿」のこと。 参道を登り詰めた大きな建物が「プロピレア(前門)」(写真)即ちパルテノン神殿の入口の門。

アテネニケ

丘の上の平坦なところに聳え立つのが「パルテノン神殿」想像していたよりもスケールが大きく、石柱の太さに驚く。ガイドの説明「古代アテネの栄光を象徴するパルテノン神殿は、紀元前432年に建造された。神殿内部には、高さ12 mのアテネの守護神、アテナ女神像が祀られていたが、今はない。巨大なドリア式列柱は46本あり、1本の高さは10 mで下部の直径は2 mもある。石柱の真ん中に穴をあけ、木の棒をさしこんで連結した。アテネの何処からでも目に付くこの丘は、紀元前13世紀より要塞が造られたのが始まり。このパルテノン神殿は1687年、ヴェネツィア軍の砲撃で大破し、修復作業は今も続いている」 中学の教科書で見たパルテノン神殿に立っているのが夢のよう。小中学生時代の夢「万里の長城、ピラミッド、死海」を既に訪れ、更にパルテノン神殿まで見たので、この世にもう思い残すことはない。
自由行動となったので、パルテノン神殿を一周。最も神殿が美しいとされる場所で記念撮影(写真)。

アテネパルテ

 丘の上に紀元前86年に建てられた「エレクティオン」(写真)には、6人の少女像が柱となっている。この少女像はレプリカで、本物の5体はアテネの博物館に、1体は大英博物館に保管されている。この優美な建物が、オスマントルコ占領時には、ハレムとして使われたとはけしからぬ話。

アテネ少女像

 この建物の近くから、アテネの街の展望が素晴らしい(写真)。左手に我々の泊まったホテルがある筈であるが、当然見当たらない。高所から街を見下ろすのが好きで、これまでに多くの街の絶景を見てきた。中でもクスコ、ケープタウン、マルセーユは私の見た世界の3大絶景。アテネの場合は、街から見上げるアクロポリスの丘が絶景といえよう。

アテネ展望
 最後にアテネ市内から写した「アクロポリス遺跡」(写真)を再度掲載して、ギリシャ旅行の紹介を終わる。
スミオンパルテ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。