スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ旅行 4 スニオン岬

 今日から3泊4日の「エーゲ海クルーズ」であるが、港湾労働者のストライキでクルーズは中止。その代わりにアテネ及び近郊の観光となった。出発前から懸念していたストライキのお蔭で、ロードス島観光が中止となったのが残念。

1 無名戦士の墓 衛兵交替式見学

ガイドの案内で衛兵交替式に向う。坂の多い小路をかなり歩き、「無名戦士の墓」に到着し、8人の衛兵が繰り広げる衛兵交替式(写真)を見学。衛兵の少し変わった制服と風変わりなステップを楽しんだが、モナコ等の衛兵交替式に比べると質素なセレモニー。 衛兵交替式の行われた後ろの建物が、ギリシャの国会議事堂。NHKテレビがギリシャのニュースを報道する時の背景が、この国会議事堂である。
スニオン衛兵2

来た道を引き返しながら「ギリシャのストライキの背景」を尋ねると、ガイドの返事「ギリシャの人口の20%が公務員。破綻した国家財政改善のため、政府は公務員に給料の1/3減額、年金受給者に年金の1/3減額と年金受給年齢を60歳から65歳に引き上げたため、公務員が怒っている。政府はこれまで公務員には甘かった。例えば、勤務時間内に職場に来ると、精勤手当てが支給されるという具合。公務員たちは国の最大の収入源が観光にあることを無視している。ストライキにより観光客を怒らせることが、今後のギリシャ経済に悪影響することを気付かないのはバカだ」 しかしこれまで如何に優遇されたとは云え、1/3も給料や年金をカットされたら、誰だっていや私だってストライキをしたくなるよ。

2 スニオン岬観光

 バスでアテネ(写真、赤丸)からスニオン岬(写真、赤丸)に向かう。

ギリシャ058

 スニオン岬に建つ「ポセイドン神殿」(写真)に到着。ガイドの説明「紀元前444年に建てられた海神ポセイドンを祀る神殿。アテネのパルテノン神殿より5年新しい。ポセイドンは最高神ゼウスの兄で、ポセイドンが海を支配し、ゼウスが天空と大地を支配した。 1810年、この神殿を訪れたバイロンが、石柱に『バイロン』と落書きを残している」 

スニオン神殿

ポセイドン神殿から見える海の色が抜群に美しい(写真)。 
 
スニオン海2

3 アクロポリスへの散策

 夕方ホテルを出て1㌔歩くと、アクロポリスの麓の広場に到着。アクロポリスの写真を撮る(写真)。 最終日がこのアクロポリス観光である。

スミオンパルテ

広場には果物屋台が並び、サクランボが美味しそう(写真)。値段は2,49ユーロ。 ガイドが「ギリシャの果物は美味しくて安い。売る単位は1kg」と言っていたのを思い出し、衝動買い。渡された1kgのサクランボのボリュームにびっくり。これが270円とはシンジラレナーイ! ホテルに持ち帰り食べると、とても美味しい。家内と二人で全部食べつくすのに、4日間もかかってしまった。

スニオン果物
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。