スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカ旅行 3 3日~6日目 ボロンナルワ~キャンディ~コロンボ

1 仏歯寺   キャンディ

本日はキャンディ観光のハイライト「仏歯寺」の見学。商店街を抜けると広場が現れ、その向こうに建つのが仏歯寺(写真)。 ガイドの説明「仏歯とは仏陀の歯で、紀元前543年にインドで仏陀が火葬された時に取り上げられた。4世紀にインドの王子が、頭髪の中に仏歯を隠して、セイロンに持ち込んだ。仏歯は聖地アヌラーダプラに奉納されていたが、ポロンナルワを経て16世紀にキャンディに移され、仏歯寺内に安置された。スリランカでは仏歯は非常に重要なもので、王権者の象徴であるため、仏歯のある場所が首都とされる。ポロンナルワのシンハラ王朝は、インドからの侵入者に追われて、1474年キャンディに移り首都としたが、1815年イギリスに滅ぼされてしまった」 仏歯って本物?と疑いたくなるが、スペイン・バレンシアのカテドラルにはキリストの聖杯があったし、トルコ・コンヤの博物館にはマホメットのあごひげがあった。宗教・信仰に関しては「疑うよりも信じることが大切」と割り切らないと、ついて行けない。仏歯を日本の三種の神器と同様に理解すべきと考えた。

         ブログ仏歯寺
 
靴を脱いで仏歯寺に入る。日曜日のせいか、観光客であふれかえっている。建物の中心に豪華な部屋(写真)があり、仏歯はこの部屋の中の、宝石をちりばめた小箱に入っているという。部屋の前の廊下には、沢山の信者が座り込んで、部屋の中心に向って敬虔なお祈りを捧げている。その信者たちの目の前を、我々観光客がゾロゾロ歩くのは申し訳ない気分。

            ブログ仏歯寺内

 見学を終えて入口に戻ると、天井に象の祭り行列が描いてある。これが有名な「ペラヘラ祭り」 仏歯を入れた容器を、全身を美しい衣装をまとった象の背中に乗せ、キャンディの町を練り歩くスリランカ最大のお祭り。象が100頭も行列をなし、その間を民族衣装の人々が踊り歩く。夜になると象の衣装に付けた豆電燈の明りがとても美しく、テレビ画面に釘付けとなったほど。このペラヘラ祭りはスリランカ全土で行われるが、キャンディの祭りが特に有名。 

            ブログ仏歯寺祭


2 紅茶畑   ヌワラ・エリア

  スリランカ仏教の中心である「文化三角地帯」を後にして、高原地帯に向かうドライブとなる。標高200 mだった私の高度計が、どんどん上昇する。バスは左は山、右は谷の崖伝いの道路を上って行く。標高700 mを過ぎると、山の斜面に紅茶畑が現れた。 ガイドの説明「1815年スリランカを支配したイギリスは、コーヒー農園を開いたが失敗し、コーヒー農園を紅茶農園に替えて成功した。年中温暖で水はけのよい条件が、紅茶の栽培に好適なことが分かり、イギリス人が大挙してこのヌワラ・エリアに入植して、紅茶産業を発展させた。シンハラ語でヌワラは町、エリアは日差しを意味し、ヌワラ・エリアは『光あふれる町』 世界最大の紅茶輸出国の中心が、このヌワラ・エリア。紅茶畑に点在する樹木は、強い日差しを緩和するために植えている」 崖道でバスが止まる。紅茶畑では数人の女性が茶摘作業中。道路際のサリーを着た女性が茶摘のポーズ(写真)。皆で写真を撮ると、チップを要求してきたのにはガッカリ。運転助手が代表してチップを払ってくれた。緑一面の茶畑は美しいが、相当急な斜面。急斜面での作業はかなり厳しそう。

            ブログ茶摘み

  イロハ坂の途中で「マクウッドファインティー」という紅茶工場に到着。周辺の山々が全て紅茶畑の景観(写真)は一見の価値あり。静岡や狭山のお茶畑をネズミに例えると、象のようなスケールの大きな茶畑。急斜面の山の頂上まで茶畑が広がるのが、世界一の紅茶産地の証明。 工場では摘んだ葉を、発酵したり乾燥したり、すり潰したりしている。 売店に入って紅茶の試飲。等級があってBOP(ブロークン・オレンジ・ペコー)が一般的。BOPF(F:ファニングス)は渋みがある。これはすり潰した紅茶の粒の大きさの違いで、細かくすり潰すと苦味が出る。お土産は標準的なBOPに決定。5袋入りのカートンが1300ルピー。なんと1袋240円程度にはビックリ。4カートン買ったけど5000円もしない。但し全重量が4 Kgと相当重い。宝石を買わなかったのに免じて、この重量の運搬には耐えなければいけない。

         ブログ茶畑


3 大津波   ゴール

 右手の車窓に海が見えてきた。ガイドの説明「2004年、スマトラ島沖の大地震による高さ13 mの津波に襲われ、この海岸沿いで5万人の死者が出た。当時の廃屋が所々未だ残っている」 地図で確認すると、スマトラ島からは1500 kmも離れているけれど、同じインド洋上の島。それでも高さ10 mを超える津波が襲うとは信じ難い。
 インド洋の日没を眺めながらのドライブ。 車窓から津波で放棄された廃屋が見える。バスが止まった所が大きな公園の前。巨大な仏の立像(写真)が見えた。ガイドが「これは日本の本願寺が寄付した、津波の被災者を弔った『津波記念公園』」 本願寺って、こんな所にお金を使っているのか! 本願寺は日本の福祉団体や弱者救済にもお金使っているの? スリランカの津波被災者は、この公園を喜んでいるの? 宗教団体は無税なのをいいことにして、末寺や信者からの莫大な奉納金の使途に困っているのでは、と勘ぐりたくもなった。この不信感、私の勘違いであることを祈る。 

            ブログ津波公園

 スリランカ南部最大の町、ゴールの駅前を通過。ガイドの説明「この駅前に、高さ13 mの津波が押し寄せ、帰宅時間だった満員バスが何台も押し流されるテレビ中継が、世界中に発信された」 津波が街を襲う光景はテレビで何度も見たが、スマトラ島かタイの海岸だと思っていたけど、ここゴールもそうだったとは記憶になかった。 

ホテルに着き、5分以上も廊下や砂浜の道を歩き、コテージ風の部屋に着く。波の音が聞こえ、海岸の傍にいることが分る。一瞬、津波の来襲が頭をよぎったが、これは心配のし過ぎ。津波が怖いなら、モルディブを含めて、インド洋のリゾートには泊まれない。

以上のように「仏教の聖地 スリランカ紀行」に書いている。旅行したのが、2011年1月20日~27日。紀行文を書き上げたのが3月10日。 ところがその翌日に「東日本大震災」の大津波が発生! テレビで津波が町を襲うシーンを見ながら、スリランカで体験した大津波の怖さを思い出したのだった。
                                  スリランカ旅行終わり
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。