スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺社めぐり 4 龍珠院の桜  (あきる野市乙津)

寺社めぐり 4 花の山寺

 先週「花の山寺」と呼ばれる「龍珠院」(℡ 042-596-4647)に電話すると「もう花は咲いてるよ」とのこと。昨日(4月8日)になって、龍珠院に向った。 武蔵五日市駅から「数馬行き」のバスに乗車。「荷田子バス停」で下車し、秋川に架かる橋を渡り、坂道を上ると龍珠院に着く。
 沢山の石像が並ぶ場所が境内の入口で、坂道の参道を見上げると「しだれ桜」が満開(写真)。

龍入口

 参道を上って本堂(写真)に到着。今日は「花まつり」の行事があり、祭壇(写真)が花で飾られている。「甘茶」の接待もあり、特別な日に訪れたことを喜ぶ。

龍本堂

龍祭壇

 名物の「しだれ桜」(写真)は満開を少し過ぎたようであるが、それでも見ごたえは十分。

龍枝垂桜

 龍珠院の開山は、これから訪ねる予定の光厳寺十世日峰朝和尚で、貞治二年(1363)に開創され、徳川家より寺領高九石八斗に封地された御朱印がある寺で、本尊は観世音菩薩である。現在の本堂は寛政四年(1792)に再建されたもの。 「天照山龍珠院」と号し、臨済宗建長寺派の寺院。
 美しい「花の山寺」の風景を、更に2枚の写真で紹介する。

龍風景2

龍風景1

 龍珠院を後にして、1 km 歩いて、温泉施設「瀬音の湯」に行き「足湯」を楽しむ。

 「武蔵五日市駅行き」のバスに乗車し「坂下バス停」で下車。 坂道を上ると「光厳寺」に着く。 天然記念物の4本の山桜は、やや満開を過ぎていた(写真)。山桜の大木は老齢化が進み、そのうち1本は枯れていた。昔日の面影はなくなってきている様子。

光桜1

 光厳寺に参拝。これまで3度は訪れたことのある本堂(写真)は、いつもながらに風格がある。

光本堂

 光厳寺は足利尊氏が建武元年(1334)に、正宗広智禅師を開山として創建した禅寺であると伝えられる。足利尊氏の導きで、北朝第四代後光厳院が若い頃にこの寺に滞在され、後光厳院より「光厳寺」の勅額を賜ったとも伝えられる。天正十九年(1591)から代々の徳川将軍より二十石の御朱印が寄せられていた。 「鷲峰山光厳寺」と号す臨済宗建長寺派の寺院。鷲峰山とは、寺の背後にそびえる城山(戸倉城跡)に関わる名称ではなかろうか。
 境内の鐘楼近くに咲くカイドウの花(写真)と寺の周辺に咲く花(写真)がとても美しかった。

光鐘楼

光周辺花
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

花、花、桜

やはり4月は、花、花、桜ですね。明るい空によく映える。
プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。