スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭山丘陵寺社めぐり 103 密蔵院  (所沢市山口)

狭山丘陵寺社めぐり 103 密蔵院

 前報の「翁樹神社」の近くで、狭山丘陵にかかる所、即ち「西武園ゴルフ場」の北麓に「密蔵院」が建っている。 入口(写真)の左に「増上寺の灯籠」が見え、入口の右(写真)にも「増上寺の灯籠」と穏やかな表情の地蔵像が立っている。 付近の田園風景と共に、とても雰囲気のよい寺院である。
密蔵院入口

密蔵院入口2 

 本堂(写真)は、枝垂桜の大木に一部が隠れてしまうのが惜しい。しかしお花見には絶好なお寺であろう。
密蔵院本堂

 密蔵院は真言宗豊山派の寺院で、総本山は奈良の長谷寺。ご本尊は薬師如来である。創建などの由緒は不明であるが、江戸時代以前の古寺であるように思われる。

 境内で先ず注目したのが「菩提樹村と翁樹神社の由来」を刻んだ石碑。この石碑のおかげで、弘法大師空海お手植えの菩提樹について学び、菩提樹村があったことを前報「翁樹神社」(102報)で紹介できた。 真言宗の開祖である空海は、ご本尊と同じくらいに、密蔵院では大切な方なのである。
 本堂の左に建つのが「聖天堂」(写真)。「歓喜天」の額が掛かっていて、通りがかりの女性に堂の名前を尋ねると、その女性が寺から少し離れた家に行き、その家で教えられたのが「聖天堂」。堂の由来や祀られた仏様までは掘り下げて聴く勇気がなかった。密蔵院には三尊阿弥陀如来を本尊とする「阿弥陀堂」があるという情報もあったが確認できなかった。

密蔵院聖天堂

 「聖天堂」の奥に小さな「大日堂」(写真)が建っている。堂内には、真言宗の寺院によくある空海と大日如来と思われる二像が並んで祀られている。

密蔵院大日堂

 本堂の裏の丘陵に広がる墓地の入口に、「六地蔵」(写真)が並んでいるが、赤い帽子と服装がとても微笑ましい。
密蔵院六地蔵

 墓地には古寺の証左である古い石仏(写真)が多い他に、五輪塔と思われる二基の墓(写真)もあり、最近墓所めぐりの趣味を持った私を楽しませてくれた。但し、お墓を紹介するのは、プライバシーの点で問題がありそうにも思えてきた。

密蔵院石仏

密蔵院五輪塔

 「密蔵院」を去りながら、密蔵院とは何か秘密めいた興味深い寺名であることに気付いた。 密とは、空海が遣唐使として唐に渡り、その地で学び日本に持ち込んだ「密教」に関わるものなのか。密教の経典を「蔵している」と結びつけるのは考え過ぎだろうか。
 次いで、狭山丘陵に真言宗の寺院が多すぎるように思われる。ものの本によると、日本の寺院数では、浄土真宗の寺院が21.000ともっとも多く、次いで曹洞宗の寺院が15.000あり、第3位が真言宗の寺院13.000と書かれている。 私が狭山丘陵の50寺院くらいを訪れた記憶では、真言宗の寺院が圧倒的に多く、次いで曹洞宗の寺院であって、浄土真宗の寺院は少なかった。 狭山丘陵に真言宗の寺院が多く、浄土真宗の寺院が少ない理由を解明したくなった。真言宗の宗祖・弘法大師空海が、この地を訪れて布教したと伝わることに関連するのだろうか? 一方、浄土真宗の宗祖・親鸞聖人は、越後流罪の後、関東の常陸の国で何年も布教しているのに、何故寺院が少ないのだろうか? 自ら歩いて出遭った疑問は、自ら解決しなくてはいけないと決めた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。