FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭山丘陵寺社めぐり 94 藤森稲荷神社  (所沢市北野南)

狭山丘陵寺社めぐり 94 藤森稲荷神社

 前報の「堀口天満天神社」から狭山丘陵の尾根道を進み、北野南地区に入ると尾根の一角に「藤森稲荷神社」が鎮座している。 石段の前に白く大きな一の鳥居(写真)が立っている。

藤森稲荷一鳥居

 石段の上には、お稲荷さんらしい赤い二の鳥居(写真)が立っている。 一の鳥居は両端が反り上がった稲荷神社特有の明神系の鳥居であるが、赤い二の鳥居は反りのない神明系の鳥居であって、稲荷神社では珍しい鳥居。 神明系の神社(例えば神明社)が合祀されているのかも知れない。 右後方に藤の古木が見えるが、これが社名となった藤の木(藤の森)であるらしい。

藤森稲荷二鳥居

 社殿(写真)は小さいけれど、朱塗りが美しくとても見栄えがよい。 社殿内部(写真)には小さな祠と二匹の狐と「天皇陛下御在位六十年」の幟が見える。

藤森稲荷社殿

藤森稲荷社殿内

 藤森稲荷神社は文政七年(1824)に当地の小暮孫兵衛が、京都の伏見稲荷から分霊を受けて祀るようになったと言われ、この村の始まりもこの時期であったようである。 祭神は稲荷神である倉稲魂命。 社殿は昭和三年の昭和天皇御大典(即位の礼)を祝して、昭和四年に再建されたもの。 この地区の人々の昭和天皇に対する思いが伝わってくる。昭和時代を生きた私にも、昭和天皇への思いは人一倍強く持っているのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。