FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭山丘陵寺社めぐり 85 玉湖神社跡  (東大和市多摩湖)

狭山丘陵寺社めぐり 85 玉湖神社跡  

 狭山丘陵北麓の寺社めぐりを終え、狭山丘陵東側(所沢市、東村山市、東大和市)の寺社めぐりをスタートした。 最初に訪れたのが、既に廃社となっている「玉湖神社跡」(写真、地図中央の赤〇 緑〇はこれまでに訪れた狭山観音霊場の札所)。

玉湖神社地図133

 有名な山口観音の近くで、村山・山口貯水池の一つ、村山上貯水池の傍に建っている。 道路沿いに立つ神明系の一の鳥居(写真)は、今だ健在である。

玉湖神社鳥居1

 少し坂になっている参道を上ると、木蔭に見える二の鳥居(写真)も健在である。

玉湖神社鳥居2

 石段の上に小さな本殿(写真)が見えるけれど、本殿前に建っていた拝殿は無くなっている。東北大震災の時の震度5弱の揺れで、拝殿に亀裂が生じて危険なために拝殿を取り壊したという。5年前に撮影した在りし日の拝殿(写真)の姿を掲載する。

玉湖神社拝殿跡

玉湖神社拝殿132

 小さいながら本殿(写真)の屋根には、天を突く千木があり、屋根の上に並ぶ5本の鰹木は、小社ながらも堂々とした風格を持っている。 鰹木の数が奇数の場合は男の神様、偶数の場合は女の神様が祀られているという。

玉湖神社本殿

 玉湖神社は昭和九年に竣工し、水源・水辺の水神様を祀ったとされる。昭和九年に山口貯水池が完成し、村山上、下両貯水池と併せて現在の三貯水池が整ったため、水源・水辺を守る神社が建てられたように思われる。 祭神は大山津見命(山の神)と弥都波能売命(水の神)。大山津見命は大山祇神のことで、有名な山の神。弥都波能売命は、古事記では伊弉冉命から生まれた弥都波能売(ミヅハノメ)の神で、水の神である。
 玉湖神社が自治体である東京都(水道局)の所有であることが問題となり、昭和四十二年に御霊遷しが行われ、いわば廃社となったものである。神社の盛衰を物語る一例を見ることができる神社である。
 境内に「殉職者の碑」(写真)が残り、裏面に二名の殉職者の名前が刻まれている。貯水池建設時の殉職者かと思われる。

玉湖神社殉職碑

 玉湖神社の西、100 mのところに人工の山「狭山富士山」(写真)がある。貯水池に沈んだ村人たちが、山頂から富士山を遥拝したのであろう。

玉湖神社富士山

 ブロ友様のご案内で、昨年11月に山頂から富士山(写真)と山口貯水池(写真)を展望した。

富士山から富士

富士山から狭山湖

 村山上貯水池の対岸にも人工の山「仙元神社」(14報)があり、山頂の神社境内から富士山が遥拝できる。 人工の山を造って富士山を遥拝するという、昔の人々の富士山信仰には感動させられる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ丘陵内部ですね

 狭山丘陵外回りの寺社探訪、ご苦労様でした。湯殿神社と修験の関係など刺激的な紹介、面白く拝見しました。
 内回りは、氷川神社、山口氏など平安時代からの伝承があり、また、興味も深まります。よろしくご紹介の程お願い致します。
  野火止用水 
プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。