スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭山丘陵寺社めぐり 76 長久寺  (入間市宮寺)

狭山丘陵寺社めぐり 76 長久寺

 国道16号線「東京環状」の「宮寺交差点」の東200 mに「真言宗凉光院長久寺」と彫られた石柱が立ち、そこから長久寺の「本堂」(写真)が見える。

長久寺本堂

 いつも引用させていただく入間市博物館資料には「浄悦山冷光院長久寺は、真言宗豊山派(旧新義派)で、徳川三代将軍家光の時、正保二年(1645)英俊法師が開山した。 本尊は馬鳴大士蚕守経尊像で5.5 cm(1寸八分)、聖徳太子の作といわれている。これはもと筒井順慶の守護の尊像である。 徳川時代旗本土屋忠次郎利次が奈良奉行となり、大和国平群郡額田郡村に至り五百石を拝領知行した。この地はもと筒井順慶の領地で廃城後は順慶法心入道して、額田郡村の山峰に馬鳴大士を安置した。正保二年に利次が土屋新田に一寺を建立し、その後寛文四年、筒井氏より奈良奉行に献上されたので、その尊像を長久寺に奉進したものである。 古来本寺は東京都村山中藤真福寺末寺であったが、明治二十九年奈良真言宗大本山長谷寺の末寺となった」と記されている。
 更に入間市博物館資料は馬鳴(めみょう)大士について「馬鳴大士は古代インドの詩人であり、また織物特に色彩或いは工作方面に才たけており、従って詩人であると共にデザインの名人、言いかえると芸術家でもあったようである。古来日本の衣料は養蚕に求められていたので、このへんから信仰がうまれたのではないか」と記されている。 毎年4月には長久寺で「馬鳴(みんみょう)様祭」が催され、近郊の人々で賑わうとされる。
 聖徳太子の作と伝えられる馬鳴大士像が、長久寺に安置された経緯については、資料だけでは分かり難いので、後述する。

 境内には「奥多摩新四国八十八ヶ所霊場第六十二番札所」(写真)がある。 真ん中の座像は、真言宗開祖の空海・弘法大師で、右の立像は真言宗の本尊・大日如来ではないかと思われる。 左の石柱には「光明真言五百万遍供養塔」と刻まれている。

長久寺札所

 光明真言とは、密教の真言であり、真言宗のお祈りの言葉と思われる。 真言は23の梵字から成り、その発音と意味は
 オン アボキャ ベイロシャノウ 不空なる御方よ 毘慮遮那仏(大日如来)よ
 マカボダラ マニ ハンドマ   偉大なる印を有する御方よ 宝珠よ 蓮華よ
 ジンバラ ハラバリタヤ ウン  光明を 放ち給え
このお祈りを、500万回唱えた記念碑が「光明真言五百万遍供養塔」のようである。

 本堂右手の広場に、大小11の墓石(写真)が並んでいる。

長久寺墓所

 案内板には「旗本土屋氏の墓付墓石一基  これらの墓石は、旗本として徳川氏に仕えた土屋氏一族(初代利常から十代利薄の墓石と家来の付墓石)のものである。 土屋氏は、利常が初代旗本に登用され、寛永二年(1625)に中野村(現入間市宮寺)の一八七石を初めとする五八〇石余りの領地を拝領した。利常は、没後二本木の地福寺(現在廃寺)に葬られたが、後に長久寺(この場所)に移葬されている。 二代利次は、中野村北部の土屋新田(現宮寺北中野)を開墾し、その一角に正保二年(1645)浄悦山長久寺を建立して、土屋氏の菩提寺と定めた。なお、利次の次男成勝が出家して、長久寺の第一世住職栄俊となぅている。 また、利次は、寛文四年(1664)に奈良奉行となって、大和国平群郡額田部村(現奈良県大和郡山市)に五百石の知行地を加増されるとともに、額田部村森川重左衛門より馬鳴大士像を寄進され、これを長久寺に奉納している」と記されている。
 この案内文で、大和国にあった馬鳴大士像が、はるばる長久寺にやってきたことが理解できた。但し、奉納された聖徳太子作、筒井順慶所有だったお宝を、遠い東国の弟の寺に移す行為は如何なものかとも思われる。 墓石群は存在感があるし、旗本の知行や移封の様子がよく分り、興味深い寺院であった。
 更にこの辺りは、狭山丘陵から1.5 kmは離れ、その間を林川、不老川が流れている。不老川の北の原野、森林を旗本・土屋氏が開墾して、土屋新田と名付けたことも分った。 更に北の河岸段丘の上には「入間市博物館」の巨大な建物が建っている。バブル前に建てられた「夢の跡」を思わせる博物館を訪ねて、入間市の寺社資料を入手したのが、積雪の残る寒い日だったのが印象深い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。