FC2ブログ

狭山丘陵寺社めぐり 6 はやし堂 (東大和市芋窪)

狭山丘陵寺社めぐり 6 はやし堂

 「狭山丘陵寺社めぐり」の第6番目は、東大和市の西端に位置する芋窪地区の「はやし堂」 モノレールから延長された芋窪街道を挟んで、蔵敷公民館の反対側の住宅地の中に建つ小社(写真)。芋窪観音堂とも呼ばれている。観音堂の屋根は赤い瓦を敷いた、寄せ棟宝形造り。

            はやし堂全景

 はやし堂のご本尊は九寸(27cm)の如意輪観音で、奈良時代の僧、行基の作という言い伝えがある。 格子の隙間から観音堂の内部を覗くと、如意輪観音像の代わりに、二人の僧侶像(写真)が見えた。大切なご本尊の如意輪観音は、他の安全な場所に安置されているのだろう。 後日、はやし堂を管理している蓮華寺に問い合わせたところ、本尊の如意輪観音はこのはやし堂の中に安置されていることが分かった。写真の黒い扉の中に入っておられるのだろうか?

            はやし堂内部

 如意輪観音菩薩の「如意」は、人々の願いを意のままに叶える如意宝珠を指し、「輪」は、車輪が転がるように仏の教えを広める法輪を指している。また右手を頬にあて、物思いにふけるようなポーズは、菩薩が人々を救う方法を考えていることを表しているという。大阪府の四天王寺金堂本尊像が如意輪観音菩薩であるが、昨年訪れた時は特に意識していなかったので、この目で見たかどうかあいまいである。初めて如意輪観音菩薩を意識して見たのが、青梅市の「雲慶院」境内の心和む像(写真)で、私のブログ第1号「寺社めぐり1青梅市沢井・二俣尾地区」に掲載した。

            はやし堂如意

 次いで「行基」は、奈良の大仏建立の功績により、東大寺の「四聖」の一人に数えられた大僧正。後年日本全国を歩き回り、全国に行基が開基したとされる寺院が多く存在する超有名人。その行基が作った観音像であれば、とんでもない価値を持つお宝であるが、行基の活躍は西国が中心であり、この地に来たとは想像し難い。
 「東大和市旧跡 十九番札所 はやし堂」と書かれた説明版により、狭山三十三観音霊場であることが分る。既に参拝した雲性寺が十八番札所であったので、巡礼者は私と同様に、狭山丘陵沿いを時計回りに巡礼したに違いない。 説明版には「はやし堂詠歌」
 こずへ吹く 風も大悲の妙智力 あめつちもれぬ ちかひなりけり
が書かれている。「大悲」とは「衆生の苦しみを救う、仏の慈悲心」のこと。浅学の私には内容が理解できないけれど、自然現象をもありがたいと思う気持ちの表れなのだろうか?

 観音堂の左には、大きな石造地蔵菩薩を祀るお堂がある。地蔵菩薩の前に、三体ずつ向かい合った六地蔵(写真)が置かれているのが興味深い。通常六地蔵は六つ並んでいる姿が多いのに、お堂の中で向かい合って並ぶ姿は初めて見た。後日、ブロ友様から「珍しい配置の六地蔵は安政2年(1855年)造立。中央の地蔵尊は享保7年(1722年)造立。『造立施主百四十余人』と掘られているます。この時期の芋久保村の人数が、とても興味を惹きます。この墓も両墓制をとっていました」と教わった。 地蔵菩薩は地獄という恐ろしい世界で苦しむ人々を救う仏で、菩薩としては珍しく髪を剃った僧侶の姿である。そして左手に「宝珠」という玉を持ち、右手に人々を救いにあちこちを遊行するために、錫杖という、音のする杖を持っている。

            はやし堂地蔵

 観音堂の右手には「芋窪東自治会集会所」が立ち、更にその右にある広場には「三界萬霊位」(写真)と書かれた石碑が立っている。「三界萬霊位」をインターネットで検索すると「三界すなわち一切衆生が生死輪廻する三つの世界『欲界』『色界』『無色界』にいるよろずの霊魂と、三界にいる祈願依頼者の先祖の供養を合わせておこなうことにより、被願者、依頼者の守護霊力を高め、積善・積霊を勧める修法」となり理解が難しい。死者を祀る供養塔のようなものかも知れない。

            はやし堂供養塔

 最後に「はやし堂」の名称が気になった。なんと私の姓が寺名となっているので、私のルーツに関連するかと意気込んだけれど、「建立当時、この辺りが雑木林に囲まれていたので、はやし堂と名付けた」と知り、少しがっかり気分でブログを終える。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

中央の地蔵尊は享保7年造立

 珍しい六地蔵の配置ですが、安政2年(1855)造立、中央の地蔵尊は享保7年(1722)造立です。「造立施主百四十余人」と彫られています。この時期の芋久保村の人数がとても興味を惹きます。
 この墓も両墓制をとっていました。 野火止用水
プロフィール

リンおじい

Author:リンおじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR